オーガニックがどうしていいわけ?

現在の社会には化学物質があふれていますよね。
知らないうちにそれは皮膚や呼吸器、衣食住のすべてを通して、体に吸収されてしまっているのです。
それが最近話題になっている経皮毒などと呼ばれるものです。残留化学物質がたまると原因不明の病気になったり、アレルギーになったり、ひどくすればがんなどにもつながるといわれているのです。
オーガニックが体にいいのは、そういった化学物質を一切使用していない土壌から生まれた自然の法則にかなった食べ物や衣類、ケア用品だからです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク