オーガニックってだれが決めるの?

オーガニックってだれが決めているのでしょう?
オーガニック農産物をつくる農家を検査して断定するのは日本では国の登録認定機関です。つまり1999年にJAS法の改正とともに厳密に定義されたその基準に従って、各農家が有機野菜や果物、有機穀物などをつくる土台を有しているか判断するのです。
そしてそれに基づいて選ばれた農家が実際に有機野菜をつくり、それを有機として売り出すのです。だから、厳密に言えば、有機農作物をつくれると判断された農家が有機JAS規格に基づいてつくった野菜などを有機として売り出すというわけです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク