オーガニックは赤ちゃんでもできるの?

もちろん!
赤ちゃんだからオーガニックな生活をさせてあげたいものです。
赤ちゃんが生まれる前の妊娠段階から、ママが食生活に気をつけてオーガニック生活をしていれば、精神・体質ともに赤ちゃんには絶対に有利なはずです。
赤ちゃんの肌を触ると本当にふわっふわでやわらかいですよね!
まさにその角質層が形成されていない赤ちゃん肌に、現代の化学物質がおそいかかるのです。
赤ちゃん用の衣料品の多くはかわいくそして簡単さが理由で化学処理されたものが多いのが現実です。その残留物が肌から知らないうちに吸収され、アトピーなどのアレルギー疾患をおこしたり、原因不明の症状につながっていくのです。
皮膚からの吸収がそんな状況であれば、食品からの吸収がさらに大きな影響を与えることはもう言わなくともわかりますよね・・・。
単に無添加無着色の離乳食=安全とは限らないので、ご注意!
自然=オーガニックではないです。しかも、有機栽培は通常3年以上化学肥料を使っていない土壌でしか認められないのですが、自然と歌われているものは、単にどんな土壌でも現在の時点で化学肥料を与えていない場合でも自然と勝手に名づけることができます。オーガニックは国の認定検査機関の認証がないとオーガニックと勝手に名づけることはできません。
赤ちゃんの離乳食には気を配りたいものですね! インターネットで「オーガニック 赤ちゃん」など検索するといろいろなサイトに出会いますよ!

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク