オーガニックライフの始まり

オーガニックライフはいつはじまったのでしょうか?
産業革命後のヨーロッパでは徐々に環境汚染が広がっていました。
第2次世界大戦後のヨーロッパでは特に、生産性を上げるために農薬や化学肥料を大量に使用するケースが目立ち、地下水の汚染や昆虫や動物の現象とともに、人々も多くがアレルギーや様々な体調不良をうったえるようになりました。
その結果、1950年代半ばのフランスでは、国が全面的に法的な支援をし、包括的な環境保護を求める運動がはじまり、周りに広がっていくこととなったのです。
そして、そこから恒久的な、つまり持続的な環境保護と自然との共存を意図した生き方、LOHASロハスというような概念や、オーガニックライフ、パーマカルチャー農法などが生まれ、現在のブームになっているというわけです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク