途上国のオーガニック農家

オーガニック栽培された製品や食品が実は途上国を救うかもしれないって考えたことがありますか?
たとえばコットン。
コットンなどの生産は途上国で行われることも多いのです。
その際、オーガニックではない生産には多くの化学薬品や農薬が使用され、自然を汚染していきます。
単一栽培といって、ひとつの作物だけを繰り返し繰り返し栽培することは自然にとっては非常に不自然なことで、害虫がつきやすくなります。
これは本来育つはずの害虫の天敵が育ちにくく、害虫がつくと単一植物の栽培なので、いっせいにやられてしまうので、農薬を多くもちいることになるのです。
つまり、作物だけでなく、そこで働く人々の健康や、さらにはその土壌汚染が飲料水などを汚染したりと、環境被害も多いのです。
しかし、オーガニック栽培に切り替えれば、その心配はなくなるというわけです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク