フェアトレードラベルジャパン

フェアトレードラベルジャパンというのは日本のフェアトレード製品の認定基準をさだめている団体です。
1993年にNGOと教会の結束によりうまれたのがトランスフェアジャパンという団体で、まさにフェアトレードの基準を設定することによって、よりマーケットシェアを広げたいという目的もそこにはありました。
各品目ごとに基準が設定されているので、生産者がその基準を達成していればラベルをつけた製品が売られることになります。
それは消費者にとっては安心感や信頼の証拠でもあり、フェアトレードを買う際に第三者期間である認証や査察がされているという証拠なのです。オーガニックである証明をだすJAS認証制度のようなものです。
生産者の負担、身体的肉体的な負担を少しでもへらそうと、オーガニック栽培のフェアトレード製品が現在は多く扱われていますが、オーガニックとフェアトレード、両方が認定された商品であればこころからほっとした気持ちで使えるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク