アメリカのオーガニック基準

オーガニック先進国のアメリカのオーガニック基準。
アメリカのオーガニック定義の基準は1990年にアメリカ農務省が適応するための”Organic Foods Production Act” (OFPA)に記載されています。農務省の機関の農業販売促進サービスというAMS機関の全国オーガニックプログラム(NOP)の基準が現在適応され、オーガニック食品を厳密に選定しています。
つまり、政府認定の査察を通ったもののみがオーガニックという名前を商品に適用させることができるというわけです。また、オーガニック農産物を加工する段階においても、その加工業者がオーガニックという政府認定を受けられない限り、オーガニック製品とはみとめられないということになります。
これは食肉に関しては、やはり、化学肥料などをその飼育過程でしようしていないことが前提となります。
禁止されている事項の一部ですが、たとえば
・ 遺伝子組み換え
・電離放射線
・下水使用
・ 合成物質
・ 殺虫剤・石油を使用した科学肥料
・下水汚泥を使用した肥料
・ 抗生物質
・成長ホルモン
つまり、オーガニックというのは単に、その原料のみではなくて、その加工や輸送にまで関わる処理すべてを含んでいることがわかります。
これは世界でもより厳しい基準といえます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク