オーガニックハウス

「ひとびとが自然とよぶ調和の取れた秩序の中で、有機的な単純さが意義深い特徴を作り出しているのが視えるだろう。美は成長するものの中にあり、自然の中にあふれている」
 (http://www.organichouse.jp/フランク・ロイド・ライト引用)

そういったフランク・ロイド・ライトの有機的建築と言うのが議祝されたものがオーガニックハウスです。
そこにはいくつかのエレメントが相互作用を及ぼし、オーガニックハウスという空間をつくりあげているのです。

そのエレメントとは(http://www.organichouse.jp/organichouse/concept.html 引用)

水平空間の広がり
内と外との一体
人間的なプロポーション
本質を残した単純美
機能と形態の一体
空間の価値の感覚
成長するものの美しさ
箱の破壊
風景と結ばれ大地に生える家
不和のとれた全体
空間の流動性
水平空間の広がり

現在オーガニックハウスのデザインなどをうけおっているフランク・ロイド・ライトの晩年の弟子、ジョン・ラッタンベリー氏は、現在のオーガニックハウスのあり方をこう語っています。

「・・・有機的建築とは生きている建築であり、時に適し、場所に適し、人に適している建築です。目指したのは内側から湧き出すようにデザインされ、家族を育む空間がある”自然の家”を創ることです。私はこのオーガニックハウスの住宅に、現代の科学や技術を取り入れてさらに日本の家族のライフスタイルや文化、そして伝統にも敬意を払いデザインしました」
http://www.organichouse.jp/organichouse/rattenbury.htm

オーガニックハウス=シンプルで退屈と言うイメージはここにはまるでなく、人間が求めうる根本的な調和と言う贅沢がそこにはあるのです。
ただ、この際、オーガニック=すべてが自然素材ということではないことに注意が必要です。

シックハウス症候群のひとの必要としているオーガニックハウスはもっと根本的に別のニードがあるからです。

その近代建築の三大巨匠と呼ばれるアメリカの建築家、フランク・ロイド・ライトのデザインを取り入れたメーカーのユーソニアン21の代理店となり、
古民家再生や正倉院の校倉造りを利用した住宅も手がけているのが有機的建築晴吉です。

伝統的な木組みで木造建築をつくる工務店とうたった晴吉の建築は調和と言う面では素晴らしい傑作です。

そのほか、もっと健康と言う面でのオーガニックを重視している(いわゆるシックハウス症候群の患者なども対象にした)にも
ケーズファクトリーのようにティンバーフレーム工法を売りにしているところエコオーガニックハウスのように自然と量、天然接着剤、木材、オーガニックコットンなどを建材として使用するところもあります。

http://www.ksfactorytimber.com/ 
http://www.eco-organic-house.co.jp/

化学物質化敏捷避難施設というものもあります。

http://rainfarm.a.la9.jp/

こちらはアレルギーなどで落ち着いて生活ができない人の為に、外気が汚染されていない、都会ではない土地に、
農薬などの産婦状態なども調べた上で作る家です。

建材を選ぶ際もその患者さんに建材のサンプルを渡して反応を見るという徹底振りです。
これは個々の患者の反応が違うため、車にのれるひとや乗れない人、症状の違いなどからも対応が変わってくるからです。

オーガニックハウスにはいろいろな形態がありますが、コンセプトの根底にあるのは自然との共生であることがわかります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク