オーガニックコーヒーって

オーガニックコーヒーとは有機栽培された豆をつかったコーヒーのことです。
たとえばSaty印のコーヒー豆栽培の山岳地域はドイツの国際有機認証機関BCSの認証を受けて生産されています。
http://www.e-iyasi.info/
なぜコーヒーがオーガニックであることが重要なのでしょうか。
輸入食品には品質を保つために輸出前にまず放射線や農薬がつかわれます(http://www.e-iyasi.info/newpage3.htm)。そしてさらに輸入食品から害虫などが発見されると猛毒で殺虫処理をうけるのです。
コーヒー豆は臭化メチルで24~72時間薫蒸されるのだそうです。それを平気で飲めるわけがありません。
つまり消費者である私たちがその代償を健康と言う形で払っているというわけです。さらに生産者も同じ理由で苦しむことになり、環境もまた汚染が進みます。
おいしいコーヒーのおすすめはこちら。
http://www.belltime-coffee.com/
「ポリバリと食べてもおいしいコーヒー豆」の追求というくらいおいしくなければいけないというポリシーでできたコーヒーは素晴らしい香りと香ばしさです。ちなみにこちらの焙煎方法は昔からのやり方で、原料豆の入った焙煎機のなかに炎をいれていり上げるのですが、それは技術的にも難しいそうです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク