代替医療としてのリフレクソロジー

代替医療とは、『西洋医学以外の医学や医療・科学的や臨床的にはまだ未検証の療法』のことをいい主にアメリカで使われる呼び名です。ヨーロッパでは補完医学と呼ばれています。
ここ数年の間に、欧米では代替医療の効果が再認識されてきており、アメリカなどでは年々代替医療の研究費が増加し、国民の間でも代替医療を利用する回数が病院に行く回数を上回るなど代替医療を利用する人が増えています。
代替医療は、世界中に600種類以上もあるといわれ、リフレクソロジーもこのうちの一つです。
イギリスでは、ほとんどの医療現場にリフレクソロジーが取り入れられており、
代替医療として受け入れられています。
リフレクソロジーは、医学的治療による副作用の軽減や心理的不安の解消など患者の精神面をケアし免疫力を高める効果もあることから、ホスピス等で積極的に取り入れられています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク