リフレクソロジーを受けられない人

素晴らしい効果を発揮するリフレクソロジーですが、
リフレクソロジーを受けてはならない時、受けてはならない人もいるのです。
受けてはいけない時とは
・妊娠初期(安定期に入る前)の方
・食事が済んだばかりの方
・病院で治療中の方
受けてはならない人
・足に疾患・疾病のある方(捻挫・水虫など)
・熱のある方(38℃以上)
・過剰に飲酒されている方
・骨粗しょう症の方
・重度の糖尿病で足に壊疽のある方
・重い病気にかかっている方
・手術後半年を経過していない方
などです。
サロンによっても若干の違いがありますので、施術を受けようとなさる時は電話などで
確認してくださいね。
また、妊娠している方、何か持病のある方は必ず担当医に確認してください。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク