反射区の知識

反射区は、人体の末端である手・足・顔・耳にあります。
リフレクソロジーは、反射区を刺激してそれに相応する器官を活性化する療法です。
反射区を理解することは、リフレクソロジーの基本です。
身体の器官が、どの反射区に相応するのか、各反射区に相応する器官が人体においてどのような役割を担い、その器官が衰えることによりどんな症状が起こるのかを知っておく必要があります。
足裏に言及するならば、足裏の反射区は、面白いくらい人体と一致しています。
例えば、両足の親指は頭部、両足の土踏まずの辺りは胃、左足には心臓の反射区、右足には肝臓の反射区、両足のかかとの後ろはお尻(痔)というふうに、身体の右側にある器官は右足に、左側にある器官は左足にあります。
正しい反射区の位置を知ることは、リフレクソロジーを極める第1歩なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク