国家資格と民間資格

リフレクソロジストのように人の身体に触れる資格には、国家資格と民間資格の大きく2つに分けることができます。
『国家資格』は、国が定めた基準を試験などで、その分野の専門知識や技術が基準以上に達している
と認められた場合に国から認定される資格です。
取得は、簡単なものではありませんが、社会的に信用が高い資格です。
・針師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師 などがそうです。
一方、『民間資格』は、民間の各機関がそれぞれ独自の基準を持って試験などを行い認定している資格なので、
その分野で働く場合に必ず資格が必要というわけではありません。・・・という事は、無資格でもその分野で
働くことができるのです。
・リフレクソロジスト
・ロミロミセラピスト
・カイロプラクター などがそうです。
リフレクソロジーは、まだまだ資格の面ではしっかりとした位置が確立できておらず、民間資格取得の際は、
スクールの授業内容、資格取得後のサポート体制、資格を認定している機関の信頼度などを事前に
よく調べることが必要です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク