足の別名

皆さんは、足が『第二の心臓』と呼ばれている事をご存知でしょうか?
足は、人体においてポンプのような役割を果たしています。
心臓は、体中に血液をめぐらせる役割を担っていますが、体中をめぐった血液は、また心臓へと帰っていきます。足は、心臓から一番遠いところにあり、なおかつ重力に逆らって
血液を心臓へ返すポンプのような働きをします。
足が『第二の心臓』と呼ばれるのは、この働きのためです。
この『第二の心臓』を円滑に動かすためには、適度な刺激が必要ですが、現代人の足は、
長時間のデスクワークや、立ち仕事、デザイン性の高い窮屈な靴を履くなど、足に適度な刺激が加わらない生活を強いられています。
これでは、足は『第二の心臓』の役割をきちんと果たすことが出来なくなってしまいます。
そこで、その役割を果たすお手伝いをするのが、リフレクソロジーです。
リフレクソロジーを施術することで、『第二の心臓』に本来の力を取り戻しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク