日本初のリフレクソロジースクール開校

1996年、日本初のリフレクソロジースクールである「マキ フジタ リフレクソロジースクール」がが開校になりました。
それから11年、今までに送り出した卒業生は3万人を超えるほどになりました。
さらに、海外でのリフレクソロジストの活躍場所は、医療現場やホテルのスパなどがほとんどでしたがサロンとして街なかに店舗を構えた斬新なアイディアや、積極的な科学データの集積などが世界でも高く評価され、海外から学びに来る学生も増えています。
また、このスクールでは、リフレクソロジーを施術する際に必要なアロマテラピーやカウンセリングの知識など、または、開業時に必要な経営の知識など実にさまざまなカリキュラムを組んでおり非常に幅広い知識を身に付けることができます。
今では、巷にたくさんのリフレクソロジースクールがあふれていますが、そのスクールの原点こそが「マキ フジタ リフレクソロジースクール」なのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク