ゾーンセラピーのその後

フィッツジェラルド氏が体系化したゾーンセラピーはその後、さらに研究が続けられ、
アメリカの理学療法士であったユニス・イングハム女史が、反射区と身体組織の相関図ともいうべき『フットチャート』を完成させました。
イングハム女史、この人こそが現在に至るリフレクソロジーの基礎を確立した人物にほかなりません。
そして、イングハム女史がリフレクソロジーの普及を推し進め、欧米中にリフレクソロジーは広がっていきました。
1960年には、彼女の教え子であるドリーン・ベイリー女史がリフレクソロジーをイギリスへ紹介し、また、ドイツのハンナ・マルカート女史は、イングハム女史の研究をさらに突きすすめそれまで以上に正確な反射区を捉えることに成功しました。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク