リフレクソロジーの流派

リフレクソロジーは、大きく分けて『東洋式』と『西洋式』の2つに分類されます。
『東洋式』は、主に中国や台湾で広まり、『西洋式』は、アメリカ・イギリス・
ヨーロッパなどで広まりました。
『東洋式』の施術は、主に指の関節や棒などの用具を使用し、加える力も強いため
痛みを伴うことがあります。多少の痛みで、身体の不調が緩和されるのであれば
それもまたいたし方なしと考えられているのでしょう。『良薬口に苦し』といった
東洋独特の考え方の表れともいえます。
『西洋式』の施術は、指の腹のみを使用し、非常にソフトなタッチで行われます。
西洋人は、お産時にも麻酔を用いることもあるように痛みに対し敏感だったり、
痛みは、ストレスになると考えられているため、なでるような感覚で施術されます。
どちらのリフレクソロジーも、それぞれが広まった地域の国民性や風習などに
よって様々な形式をとっているようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク