東洋式リフレクソロジー

『東洋式』のリフレクソロジーは、『台湾式リフレクソロジー』・『中国式リフレクソロジー』などです。
1970年代に、台湾に在住していたスイス人神父ジョセフ・オイグスター(台湾名・呉若石)氏が自身の持病であるリウマチによる膝の関節痛を足を揉んで完治させたことから、台湾で足裏健康法が旋風を巻き起こしました。
神父様という事で協会には多くの人が訪れていたのでしょうね。
今まで膝をかばいながら説教をしていた神父様がある日突然、シャキッとして歩いていたら・・・。信者のみならず周りの人は、大変驚いたことでしょう。
台湾式リフレクソロジーは、神父の台湾名から『若石(じゃくいし)健康法』とも呼ばれています。
その後、リフレクソロジーは中国・シンガポール・マレーシアなどにも普及しました。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク