坐骨神経の反射区刺激の効果

坐骨神経の反射区は、足の裏の踵側のふくらみ部分の真ん中辺りを親指側から小指までを横切る
ようにしてあります。
また、足の内側と外側のくるぶしの後ろ辺りから上に沿うようにして位置しています。
この反射区をリフレクソロジーで刺激すると坐骨神経痛の緩和や便秘症に効果があるといわれています。
坐骨神経痛の多くは、足に痛みを感じますがその部位は人それぞれです。それは坐骨神経がお尻から
足首辺りにかけての長い神経であることが要因です。
坐骨神経痛は、症状を表す呼び名だけで病名ではありません。何が原因で坐骨神経痛を引き起こしているのか
きちんと病院で診察を受けましょう。
そして二度と再発させないように予防をする事もとても大事なことです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク