食道・気管支の反射区刺激の効果

食道と気管支の反射区は、親指と人差し指の付け根の少し下部分からつま先側のふくらみが終わる部分までです。
この反射区をリフレクソロジーで刺激すると、胸やけなどの症状を緩和したり、喉の痛みを押さえたり、
気管支喘息の症状緩和に効果が期待できます。
気管支喘息の原因は、アレルギーによるものが多いとされています。(ハウスダストやダニ、花粉
カビ、化学物質など)アレルギー以外では、季節の変わり目におこる温度変化やストレス、タバコなどです。
喘息の予防には、原因となる物質を避けることが最適な方法で、この他にはたんぱく質や炭水化物の
過剰摂取も避けたほうが良いでしょう。また、ストレスをためないことも重要です。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク