肝臓の反射区刺激の効果

肝臓の反射区は右足のみにあり、横は小指側から中指まで縦は土踏まずの半分より
上のライン辺りに位置しています。
この反射区をリフレクソロジーで刺激すると肝炎の治癒や、解毒作用の向上、
体温バランスを保つなどの効果が期待できます。
肝臓の働きはなんと500種類以上もあるといわれています。
主な働きは、栄養の貯蓄作用、解毒作用、分泌作用、排泄作用などです。
肝硬変や肝機能低下などの症状は、お酒の飲みすぎや動物性の食事等が原因となるようです。
食事においては、たんぱく質・ビタミン・ミネラル・食物繊維をとることが重要です。
食品でいうと、クリ、キャベツ、トマト、ワカメ、シジミ、かぼちゃなどですが特に効果的なのがビタミンCやミネラル類を多く含む『ニラ』です。このニラを使ったメニューでポピュラーな『ニラレバ』は、肝機能を高めるための理想的なメニューです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク