胆のうの反射区刺激の効果

胆のうの反射区は、右足の中指の下と土踏まずの一番高いところの延長と交わるところに位置します。
この反射区をリフレクソロジーで刺激することで、便の硬さをコントロールしたり、
右目の痛みを緩和したりする効果が期待できます。
胆のうは、肝臓で作られた胆汁を蓄える倉庫のような役割をし、食べ物を消化するときに
必要な分だけを十二指腸に送り消化を助けます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク