松果体の反射区刺激の効果

松果体の反射区は足の裏の親指の人差し指側の角にあります。
この反射区を刺激することで体温のバランスを保ち、自律神経のコントロールも期待できます。
松果体は、光を感じて脳に知らせ体内リズムを作り出します。また、夜間にはメラトニンという睡眠作用のある物質を分泌します。
少し神秘的な話ですが、仏教においては松果体は『第三の目』であるとも言われており、鍛錬を積むことで超自然的な力を持つことが出来るといわれています。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク