精油を使用するときの注意事項

リフレクソロジーを行う時の相棒として上手に使えば素晴らしい効果を発揮する精油ですが、取り扱いにはいくつかの注意が必要です。
◆精油を直接肌につけるのはNG!
 
 肌につける場合は、キャリアオイル(植物油)と混ぜてマッサージオイルとして使用し ます。
 
◆使用する前にはパッチテストをしましょう!
 マッサージオイルは、パッチテストをしましょう!
 パッチテスト・・・二の腕の内側などに使用するオイルを少量つけ(1円玉大)2日ほ          ど様子をみます。赤みや何らかの異常が出た場合は、すぐに水で洗          い流すこと!異常が出たオイルは使用出来ません。ひどくなった場          合は、専門医にご相談下さい。
◆飲用禁止!
 小さいお子様には、充分気をつけてください。
◆柑橘類の精油にはご用心!
 柑橘系の精油は、光毒性(オイルを塗布後、直射日光にあたると塗布部分が炎症をおこ すこと) を持っているものがあります。肌の露出部分への塗布は行わない等の注意が 必要です。
 光毒性の強いもの・・・ベルガモット・オレンジ(ビター)・ライム・グレープフルー            ツ・レモン
◆妊婦さん・高齢者の方・お子様・敏感肌の方への使用には細心の注意を!
 精油の中には、刺激を感じるものもありますので、変だな?と思ったら使用を中止しま しょう。
 また、3歳未満のお子様には使用はオススメできません。3歳以上でも大人の半分くら いの 濃度・量で使用してください。
 

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク