債務整理 利息制限法と出資法

債務整理を任意整理でする場合、消費者金融業者が相手にする場合には過払い利息の引き直しにより借金を減額する事ができることもあります。
というのも消費者金融は利息制限法と出資法の2つの法律によって定められているのです。例えば利息制限法であれば利息の上限が決められ、出資法であれば金利の上限が一律29.2%と定められています。
しかし利息制限法には罰則が無く、出資法には罰則が設けられています。そのため大抵の消費者金融会社は利息制限法を無視して出資法スレスレの利息で貸付をしているのです。
このことから弁護士や司法書士などの専門家に債務整理を依頼することで、この差額分借金を減額する事ができるのです。ですがこの場合でも当然他の債務整理の方法と同じ様に信用情報機関にブラックとして情報が登録される事になります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク