任意整理の流れ

債務整理を任意整理で行う場合、自分でやるのは債権者が話し合いに応じてくれない事が多い為、弁護士か司法書士等の専門家に依頼して任意整理を行うのが一般的です。
そこで一連の流れとしては専門家と委任契約を交わし、この契約が完了すると依頼した専門家より債権者側に受任通知が発送され、この時点で債権者からの支払請求は止まります。
そして依頼した専門家が債務整理して消費者金融業者のような出資法、金利制限法の2つの法律に基づき金利設定を再計算することで債務の総額が確定され、債務者が支払える額を提案すると同時に将来の利息などの債権カットの要求も出されます。
そうすることで債権者との間で和解が成立すると和解案に従い支払が再開されます。このように交渉など手続きは全て専門家が行い、支払に関しても委任できるのですが、振り込み手数料などの実費を負担しなければなりませんので注意しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク