任意整理のデメリット

任意整理による債務整理では債務者にとってうれしい事一杯のメリットがありましたが、メリットもあれば当然デメリットもあります。まず挙げられるのは専門家に依頼するのが一般的なのでその分費用がかかりますよね。
その他にも、ブラックリストに登録されるため一定期間クレジットを組めなかったりなどクレジットやローンなどの借金が制限されます。また任意整理とは債権者と話し合いをした上で返済方法を決めていきますから和解が成立しない事もあります。
それに借金の返済額を減らすのは違法な利息分を差し引くものですから、例え高金利の業者と取引をしていたとしても、その取引期間が長期間なら良いのですが、短期間であればさほど返済額の減額は望めません。
これらが任意整理で債務整理を行った場合のデメリットとして挙げられます。そのためメリットとデメリット両方をきちんと理解した上で自分に合った債務整理の方法を検討しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク