不当利得とは

債務整理の方法として特定調停を選択した場合、もし過払い金が発生したとしても回収することが出来ないため、別途で不当利得返還請求訴訟という訴訟を起こさなければなりません。
そこで不当利得返還請求とは売買契約を例に挙げると、契約が取り消しになったので今まで払ったお金を返して欲しいなどのように正当な法律上の理由が無くなったため、相手に対して自分が支払った代金や物を返してくださいと請求することです。
これを借金に置き換えると、債務整理を行うことで過払いが発生した場合、この過払い分は本来払う必要がないものなので、債権者にしてみれば本来手元に置いておけないお金を所持していることになるのです。
これが不当利得と呼ばれるものです。なので債務整理の特定調停の場合、不当利得返還請求をすることで自分にそのお金が戻ってくるというわけです。ただ過払いの返還は特定調停以外であれば回収できますので心配いりません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク