不当利得返還請求訴訟

債務整理を行って不当利得があった場合には、債権者に対し不当利得返還請求をすることができます。ですが債権者によっては過払い金を返還してくれないところもあるようです。
それだけでなく過去に債務者と行われた取引の明細も全く出さないところもあります。ですがそんな時に専門家に依頼すると債務者からある程度今までの取引内容を確認する事が出来ることで訴訟を起こす事が可能となります。
この時債務者が今までのある程度の取引の内容を申し出る事で、それを元に利息制限法に基づいて再計算がされ不当利得とされる過払い金がどれだけあるのかを仮に計算する事になるのです。
ただし債務整理に特定調停を選択し、不当利得返還請求訴訟を起こす場合だと裁判外の和解交渉をする時に比べて、不当利得が返還されるまでに長い時間を要する事もあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク