諦めず請求する

消費者金融などからお金を借りて借金が膨らみこの借金をどうにかしたいと債務整理を検討しますよね。その際に特定調停による債務整理では不当利得を回収する事はできませんので別に訴訟が必要となります。
まず金融業者などの貸金業者というのはみなし弁済規定というもので、違法で高い利息を取ることが認められているため利息制限法を無視したそれを上回る利息を取っています。
しかしみなし弁済規定が認められる場合には不当利得が発生することはありませんので、不当利得返還請求が出来ない場合もあるのです。ですがこのみなし弁済が認められる事はまずありません。
そのため利息制限法を上回る利息をつけられていた場合には不当利得が発生しますので、債務整理をする時に特定調停では回収できないからといって諦めてはいけません。債権者に不当利得返還請求をしていくことも大切なことです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク