自己破産をすると

債務整理で自己破産した場合、信用情報機関に名前を登録されブラックとして扱われる事になります。その他にも生活に必要なもの以外でお金に換えられる物は全て取上げられます。
まず各信用情報機関によって異なるのですが、約5年~10年間は履歴が残り、ブラックリストに登録される事によって、履歴が残っている期間内は銀行やサラ金などから借金をしたり、クレジットカードの発行も難しくなります。
それに清算手続きとして自己破産するのですから、お金に換えられるものは全て強制的に処分されます。ですが全てといっても最低限の生活が法律で保証されている以上、必要最低限の家財道具などは差し押さえ禁止とされる財産になりますので取上げられることはありません。
このように債務整理で自己破産するとブラックリストに登録されその後数年に渡りお金を借りる事はもちろん、クレジットカードも受け取る事が難しく、更に必要最低限の家財道具以外お金に換えられる物は全て取上げられてしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク