金融機関の制約

給与が振り込まれる口座の金融機関から借金をしていませんか。債務整理で自己破産したときに受ける法律上の制約は住まいだけに留まりません。実は他にも受ける制約があるのです。
それは銀行からなどの融資を受けられなくなるということです。普通に銀行や郵便局に貯金をしていったり、光熱費などの公共料金が今まで通り引き落とされる分には問題ないのです。
しかし給与が振り込まれる口座の金融機関に借金がある場合、またその口座からクレジット会社からの引き落しがある場合ってありますよね。その場合、金融機関は給与が振り込まれると自分の債権と給与を相殺したり、クレジットの引き落しを継続してしまうこともあるのです。
そのため今まで通り貯金や公共費の引き落しは問題ないのですが、給与が振り込まれる口座の金融機関に借金がある場合は注意が必要です。また自己破産することでブラックリストに登録されてしまうので、金融機関などからの融資は当然のことながら受けることは不可能となります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク