終結と廃止

債務整理で自己破産する時、破産手続の一連の流れとしては、まずは破産宣告します。そうすることで破産手続が開始されます。そして破産管財人を任命し、破産者にどれだけの財産があるのかなど状況を調査します。
この調査で債権がある場合には回収し、それで得た破産者の財産を債権者に公平に分配すると終了となります。これが破産手続の終結と呼ばれるものです。
しかし債務者に破産手続の費用すら出せないくらい財産が少ない場合はどうなるのでしょうか。この場合破産手続を進める意味がないため、破産手続開始決定と同時に終結します。破産管財人を選任することなく終結するのです。
このように破産手続開始決定と同時に終結する事を同時破産廃止または同時廃止と言います。そのため債務整理で自己破産するときにどれだけ財産があるかによって破産手続が終結になるのか、廃止になるのかが変わってきます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク