免責決定を受けられない人

債務整理で自己破産を選ぶと破産宣告を行いますが、破産宣告が下されたところで借金がなくなるというものではありません。破産宣告決定後に免責の申し立てをし、免責の決定を受けてそこで初めて借金を返済するという支払義務が無くなるのです。
ということで債務整理で自己破産をする際には免責決定を受けることが目的となります。ですがもちろん免責の申し立てをしたからといって全ての人が免責決定を受けられるわけではありません。
では何故全ての人が免責決定を受ける事ができないのでしょうか。その理由は免責不許可事由というものがあるからなのです。
そのためこの免責不許可事由として規定されているものに該当する行為が見られた場合には、いくら免責の申し立てをしたところで免責決定されないことが多いのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク