免責不許可事由の決定

債務整理のため自己破産を選んだ場合、免責決定を受ける事が目的となるのですが申し立てをしたところで、全ての人が免責決定を受けられるわけではありません。それは免責不許可事由というものが法律で規定されているためです。
また免責不許可事由に該当する行為が見られた場合に免責決定が受けられないことが多いのですが、これについても該当する行為をした人全てが免責を許可されないわけではありません。
何故なら免責の許可をするかしないかについては、免責不許可事由に該当する行為があったかどうかを含め、債務整理で自己破産を申し立てる人の様々な事情を考えた上で裁判官が決定するからです。
このように免責決定については申し立てをした全ての人が免責を許可されるわけではなく、また免責不許可事由に該当する行為をした人全てが免責を不許可とされるわけではありません。これについては裁判官が決定することになります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク