専門家に頼むメリット

例えば債務整理のための自己破産を専門家に依頼した場合、同時廃止でも15万円~40万円かかるとされているのですが、やはり専門家に依頼するとなると費用は掛るもののメリットもあります。
それは必要な債権側の情報収集に関しても、依頼した専門家が債権者に直接交渉してくれるということです。そうすることで、自分で集めにくい債務の証明書を自分で収集しなくてよくなるのです。
またもし自分のやっている行為が免責不許可事由に該当するとされる可能性がある場合であっても、専門家の経験が大きくものを言うため免責決定がされる可能性も高くなります。
そのため債務整理とは言うものの、費用を用意できるのであれば自分で自己破産の申し立てを行わずに専門家の力を借りるのが良いかと思います。それに最近では費用を分割で払えるところも増えているようなので調べてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク