法律扶助

債務整理のために自己破産する場合、専門家に自己破産の申し立てを依頼するのであれば各専門家によって費用は異なりますが、もし破産管財人が必要となった場合には先ほどの費用にプラス50万円前後の費用が必要とされています。
また自己破産の申し立てを行う場合の費用は、同時廃止であっても異時廃止であっても、自己破産を申し立てる裁判所によって異なりますので正確に費用がどれだけ掛るのかについては各裁判所で確認しましょう。
しかし債務整理で自己破産する時、生活に余裕がないため弁護士への依頼が不可能だ。という人もいますよね。いくら弁護士に依頼するのが良いとされていても、弁護士に依頼するだけの費用を用意できない人が多いのではないでしょうか。
確かに自分で自己破産の申し立てをすれば安く済みますが、それでも弁護士にきちんとやってもらいたい。というのであれば法律扶助という制度がありますので利用してみてはいかがでしょうか。各弁護士会内の法律扶助協会に聞いてみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク