自己破産完了の流れ

債務整理に自己破産をした場合、破産完了までの流れとしてはまず自分が自己破産の申し立てをする地方裁判所に行き、破産の申し立てを行います。その後裁判所書記官と面談し何事もなければそれで受理されます。
なのですが、自己破産の破産申し立てで一番の難関とされるのが申立て受理です。この難関を突破できれば9割以上が免責まで辿り着けるとも言われるくらい申立て受理は重要な部分となります。
そしてその後は破産審尋(はさんしんじん)と呼ばれる集団面接がされ、免責不許可事由に該当する行為をしていないかなどを質問され、問題がなければ1週間後に破産決定が下ると同時に免責決定を待ちます。
その後更に1ヶ月程度経過すると今度は免責審尋(めんせきしんじん)と呼ばれる裁判官との集団面接を行い、その後免責決定の許可、不許可を受けて免責の許可を受けると負債は無くなり、資格制限も無くなるというわけです。これで自己破産による債務整理は完了ですね。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク