自己破産のデメリット

債務整理を自己破産で行った場合メリットは当然あるのですが、その他にもデメリットもあります。ですがデメリットとされている反面本人以外の第三者に知られる可能性は低いのでそんなに心配されることはありません。
そこで自己破産による債務整理を行った場合のデメリットは、まず当然のことながらブラックリストに登録されます。そのことで自己破産後数年間に渡ってお金を借りる事は出来ず、ローンを組むのも難しくなり、カードも作れなくなります。
しかしそれは本人に直接関係するものですがその他にも第三者に知られる可能性は低いものの、官報に掲載されたり、自己破産した人の本籍地の破産者名簿に記載されたり、市区町村が発行する身分証明書に記載されたりということもあります。
それに直接本人に関係するものとしてその他には、破産開始決定がされると資格制限もされ、免責確定後には7年間は自己破産できません。自己破産をするとこのようなデメリットがあります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク