過払いによる返還請求

債務整理でもグレーゾーン金利については関わってくるのですが、先ほど貸したお金の利息の上限について説明しましたね。法律で定められている上限があるにも関わらず消費者金融などは実際はそれ以上の利息で貸付を行っています。
なので過去の消費者金融との全ての取引を取り寄せ、利息制限法に基づいて上限利率で再計算すると、法律に違反する利息分が元本に充当されることで借金の額が減るのです。
また特定調停でも説明しましたが、これは消費者金融との取引の期間が長ければそれだけ、更に過去の利息が高いほど再計算する事で借金の額が減ったり、借金が無くなったり、あるいは払いすぎているというケースも多々ある事です。
この払いすぎていたものを過払いといって、債務整理の際に返還請求を行う事ができるのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク