グレーゾーン金利とは

債務整理にも関わってくるグレーゾーン金利は2つの法律によって上限金利がそれぞれ定められています。それで債務整理を行うと借金の額が減額になるのです。
まず出資法によって定められている上限金利は年間29.2%。次に利息制限法によって定められている上限金利は貸す金額によって年15%~20%とされています。
そこでグレーゾーン金利とはこれら2つの法律で定められた上限金利の間の金利の事をグレーゾーン金利と言います。また消費者金融などの貸金業では上限金利についてや回収方法についてなど規制が設けられています。
そのため一般では利息制限法の上限を上回る利息の設定をしていた場合、この金利については無効になるはずなのです。それが無効とならないのは貸金業規制法によりみなし弁済が規定されているからなのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク