金利を確認する

債務整理で任意整理や特定調停を行った場合にはグレーゾーン金利を利息制限法にまで下げることができます。現在の状況としては、こちらが「違法な金利を払い続けた分返還して欲しい」と主張しない限りそのままの返済が続きます。
それに貸金業者に返済したお金というのは利息分、その次に元金の順番で充当されていくため、高金利で設定されていることでいくら返済し続けても元本が減らないのです。
そのため中にはいくら返済し続けても借金が減らない。という人も出てくるのです。そういう人はまず自分がどれくらいの金利でお金を借り入れていたのかを確認し、それがグレーゾーン金利に当たるのかどうかを見てみましょう。
そうすることで専門家に依頼し、任意整理や特定調停などでの債務整理をすることで高金利分を利息制限法の本来の金利にまで下げることが可能となり結果、借金の総額を減らす事で毎月の支払額の負担を軽減することができます。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク