グレーゾーン金利を適用すると

債務整理を行った場合、もしかしたら利息制限法で再計算することで借金が無くなることもあるかもしれません。本来グレーゾーン金利は法律上支払う義務はありませんので支払いを続ける事で支払わなくて良いお金が貯まっていくことになります。
そこで債務整理を行い利息制限法を適用し、グレーゾーン金利の分で元本を返済したとみなせば、当然借金の大幅な減額が望めますよね。何度も言うように取引が長引けばそれだけ借金の減額も増えていきます。
しかし取引が長い期間に渡っている場合借金の減額が望めるだけではありません。実は中には借金そのものが無くなる人や、逆に貸金業者から返還される過払い金が発生する人もいるのです。
従って貸金業者と長い間取引があるのであれば、任意整理や特定調停などで債務整理を行った方が債務者にとってお得な場合もあるのです。(ただし、特定調停では過払いについては回収できませんので別途で訴訟が必要となります)

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク