債務整理 保証人への影響

保証人をつけて借金をした場合、自分が返済できなくなると当然保証人に返済請求がいくことになります。この時保証人は一括で返済しなければならなくなり分割で払う場合には金融業者と交渉しなくてはならないのです。
また借金の額が多ければそれだけ保証人も支払が困難になりますよね。それに自分が債務整理で自己破産すると支払義務はなくなるのでそれでいいかも知れませんが、残された保証人はどうなるのでしょう。
この場合いくら本人が債務整理で自己破産したとしても、保証人は自己破産していませんのでそのまま返済義務は生じたままになり、そのことで保証人も自己破産を。となると結局は自己破産の連鎖に繋がりかねません。
そのため債務整理を行う事で保証人に迷惑をかける事になるのですが、だからといってそのままにしておくことは何の解決にもならないと同時に返済が滞ればそれだけ保証人に与える影響も大きくなるという事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク