債務整理の前に大切な事

債務整理を行うにあたってまず大切な事は家族や借金に関わっている人の理解と協力を得ることです。ここでいう借金に関わっている人というのは保証人の事を言いますが、家族だけでなく保証人の理解と協力も必要です。
もし保証人をつけた借金があるのであれば、債務整理をする前に保証人にその旨を伝えることで保証人から理解を得て、自分と保証人両人にとって最善な方法を選ぶ。ということを忘れてはいけません。
しかし中には家族の誰かが借金をした時に、勝手に保証人としてサインされていたということもあるかと思います。そんな時にはその契約そのものが無効となるため、保証人になっていたからといって返済義務は生じないので払う必要はありません。
このように債務整理でまず大切な事は家族と保証人の理解と協力を得ることです。債務整理は自分一人だけの問題ではありません。手続きの際に家族の協力も必要となることもあるのでまずは家族と保証人に債務整理の意思を伝える事から始めましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク