債務整理 メリット

債務整理そのものは利息制限法という法律に基づいて金利を再計算するのが一般的です。そして過去に遡ってい取引をした一番最初から利息制限法に基づいて再計算されますので超えた分については元金の返済にあてがわれます。
そのことで債務整理をすると借金が減額になる。ということになるのです。また債務整理であれば例え複数から借り入れをしていたとしても全ての業者と同じ条件で和解しなくていいのです。
何故なら債務整理の方法によっては債務整理の対象から一部の業者を外す事ができるためです。なので整理したい借金だけを整理することも可能で、逆に整理したくない借金は今まで通りにしておくことができるのです。
これらが債務整理を行う際のメリットとなります。また債務整理の方法によってこれらのメリットの有る無しが変わってきますので、各債務整理の方法をきちんと理解した上で自分に合った債務整理を行いましょう。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク