減額される借金

個人再生での債務整理の場合、住宅ローンは流石に無理ですがそれ以外の借金については大幅に減額する事が可能です。これであれば経済的に見て個人再生での債務整理を検討する余地はあるのではないでしょうか。
例を挙げると住宅ローン以外の借金が100万円以上~500万円以下の場合、最大で減額されるのは100万円までで、500万円以上~1500万円未満であれば最大5分の1まで減額が可能となるのです。
更に1500万円以上~3000万円以下の住宅ローンの他にある場合には、最大で300万円までの減額が可能となり、3000万円以上~5000万円以下であれば最大10分の1までの減額が可能となるのです。
そして減額されて残った借金を分割して原則3年以内で返済していくことになります。ただし何かしらの事情がある場合返済期間を5年まで延長する事が出来るだけでなく、減額されて残った借金には将来利息がつきません。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク