住宅ローン特則

債務整理の方法で個人再生を選択する人は多いのですが、その理由とされているのが住宅ローン特則です。
これは住宅ローンの債権だけを別途扱いにして、返済計画を修正する事で返済可能な状態にし住宅を確保しようという住宅ローンを抱えた債務者を保護するためのものです。
しかし住宅ローン特則がある債務整理を望む人は多いとされていますが、この住宅ローン特則の要件はかなり厳しいものとなっていますので、誰でも個人再生での債務整理を行えるわけではありません。
そこで住宅ローン特則の要件の例を挙げると自宅が住宅ローン債権以外の借金の担保になっていないこと。店舗は不可で住宅でないといけないこと。などがありこの条件を満たせずに任意整理や自己破産の債務整理に切り替える人が多いようです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク