住宅ローン特則とは

債務整理の方法で住宅ローン特則が適用されるのを理由に小規模個人再生、給与所得者等再生の個人再生を選択するのはいいのですが、住宅ローン特則とはどういうものなのでしょうか。
住宅ローン特則で住宅ローンの返済額については、他の借金とは別に扱われるため債務免除や金利引下げといったものは行われません。これは裁判所が強制的に原則5年で延滞額を弁済させその後元の状態に戻すよう返済計画を修正するものです。
しかし何らかの事情があれば最長70歳までとし10年間返済期間を延長する事も可能とされ、住宅ローン以外の債権に関しては減額し残りを返済させ、住宅ローン債権に関しては返済計画引き直しで救済するのです。これが住宅ローン特則です。
またこの時裁判所は銀行等の住宅ローンの債権者の意見を聴くのですが、それはあくまでも聴くだけであって聴いたからといってどうなるものではなく、銀行などの債権者は裁判所が出した結論を黙って受け入れるだけなのです。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク