小規模個人再生の対象者

債務整理の方法として小規模個人再生を選択する場合、小規模個人再生の対象となる人とならない人が出てきますので注意が必要です。
そこで小規模個人再生の対象となる人は、定期性の無い収入を得ている事業者、サラリーマン、パート、アルバイト、就職の見込みのある失業者などが挙げられます。
しかし就職の見込みのある失業者の場合、就職の見込みがあるとして申立てをした人は再生計画が認可されるまでに、実際に給料などで収入を得ていなければなりません。
このように債務整理をする際に小規模個人再生を選択するのであれば、自分が小規模個人再生の対象者となるのか、ならないのかを事前に確認しておく必要があります。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク